「ほっ」と。キャンペーン
帰国しました!
今月12日に関空を出て、ダーウィン→キャサリン→ウグラー/バルンガ→ゴーヴと強行の10日間の旅をへて帰国しましたー。
b0021108_1081111.jpg
前半のダーウィンから南アーネム・ランドに向けての旅は、現地在住のヨォルング研究者ノリくんこと林 靖典と、この夏からチャールズ・ダーウィン大学(CDU)でヨォルング語のコースに参加する林田 遼平くんの二人と一緒に、ノリ君の愛車での快適な旅に.......なるはずがいつものハプニングありの楽しい旅に。

ヨーロッパ・ツアーを来月にひかえたDjalu'の所では、連日イダキ・カッティングとイダキ作りがかつてないほど一日中行われ、それを毎日手伝った。全身筋肉痛。人間、手のひらまで筋肉痛になるらしい。

Djalu'、Dhopiya、Mirwatngaの3人でイタリア、フランス、イギリスで公演を行うため、各国それぞれ10本づつイダキを送るという話を聞いていたため、今回はDjalu'のイダキを買うことはあきらめ、お手伝いに行くという旅だった。かなりの力仕事になると思ったので軍手を持って行ってたのだが、帰国後両手を眺めると、左手には丸太が落下してできた青タン、右手には血豆がつぶれたあと。

ウグラー(ベズウィック)のMagoを11本、また現地で使用されていたプライベートな楽器をふくめたミワチ(北東アーネム・ランド)のYidakiを40本以上入荷予定です。随時アップしていきますのでお楽しみに!
[PR]
by earth-tube | 2009-06-25 10:13 | 店長の日記
<< 関西からトップエンドが遠くなった Djalu' Gurr... >>