おまえはコックか!?
前回はケアンズの空港で出国時に免税店がしまっていてタバコを買うことができなかったのと、今回も早朝着なので「無理か!」と思っていたが、飛行機が遅れたせいか免税店があいていた!

なぜかアーネム・ランドのアボリジナルの人たちは、「Winfieldのブルー」というタバコを吸う人がめちゃくちゃ多い。

なぜ!? いつも不思議に思う。ここまで彼らをひきつけるなにかがあるのか!? これはもう独占禁止法にひっかかるか、違法ななにかがはいっているのか?
それはさておき、ワンカートン買ってホッとして通関の長蛇の列に並ぶ。オーストラリアに行ったことのある人なら体験していると思うが、オーストラリア固有の生態系を守るため、食べ物や革製品の持ち込みがすごく厳しい!そのチェックのため、やたらめったら時間がかかるのだ。

イダキ・カッティングの時に西洋式の押し切りのノコギリがこたえるので、今回は日本のノコギリを持って来ていた。あと、みんなに晩ご飯を作るので菜切り包丁などの調理用の道具がバックパックにつまっていて、それを危険物とみなしたらしい。

通関の職員に自分で袋をあけるようにうながされ、せっかく梱包したのにグチャグチャにしながら包丁とかオタマとかスプーンやフォークを出していくと、「おまえはコックか?」とつっこまれる。さらに、

「するどいナイフのようなものが他にも3つあるだろ?」

「そんなんないっスよ!」
なにも悪いことをしていないのに刑事に尋問されてるかのような気分になってくる。

「3つ.....ねぇ、あ!3つあるものといえば、子供のみやげに買うたこのキラキラ光るアゲアゲ棒?(七色に発光するライト)」バックパックから探し出して、職員に手渡す。

「あぁ~.....X線ではこういうのがナイフみたいに見えたりするんだよ。ハハっ。ハハハハっ。」職員少しきまずそうな乾いた笑いが響く.......。

完全にとっちらかった荷物をバックパックに入れ直すと妙にゆがんで、普通に歩いてるはずなのに一方向にひっぱられる。

みなさんも気をつけなはれや!
[PR]
by earth-tube | 2010-04-23 17:29 | 店長の日記
<< イダキorディッジ はじまりはいつもトラブルから.... >>