あしたのためのその2

高村さんのジムニー激改翌朝、一緒に行くはずだったユウジと合流し、高村さんの家に行く。家の横には猛烈に改造&修理したジムニー(写真参照)。ボディはぶつけ倒したのかボコボコ、あちこちにオリジナル・パーツがとりつけられている。

そして早速初対面なのに四駆についての質問をたたみかけるように聞きたおす。かなり詳細に渡って色んな説明をしてもらったが、結局ド素人の自分にできるのは、以下の3点だけ。
その1「ハンドルから手を離して運転した時にブレると駄目。」
その2「段差を降りた時に、ボヨンボヨンが続くとショックが死んでいる。」
その3「ブレーキを踏んだ時にブレるようだと駄目。」

日本だと中古車ディーラーから購入すれば、そんなにもひどい状態の車というのは無いと思う。しかし日本では間違いなくスクラップという車がオーストラリアでは当然のように走っていて、しかも結構値段が高い。例えば、僕らが探しているTOYOTAランドクルーザーでは30万kmを超えた80年代の車が50万円以上〜と言えば、日本の中古車に対する価値観の違いがわかるだろう。

この写真は高村さんの家のドアに張ってあった雑誌の付録.......。すげぇ。→

[PR]
by earth-tube | 2005-06-14 23:20 | 店長の日記
<< あしたのためのその3 あしたのためのその1 >>