ダーウィンのディジュリドゥ・ショップの現状
オーストラリアのノーザンテリトリー州の州都であるダーウィンはアーネム・ランドやカカドゥ国立公園などへむかう旅行者の集まる街です。そのためか観光客をターゲットにしたディジュリドゥ・ショップが数軒たちならび、ディジュリドゥを買うには最も豊富な在庫量をほこっているといえるが、完全に最初から最後までアボリジナルの職人の手によって作られたディジュリドゥは少なく、そのほとんどが白人が作った木肌のディジュリドゥか、白人が作ったディジュリドゥにアボリジナルのアーティストがペイントしたものであることが多い(もちろん中には全てアボリジナルの職人が作った楽器もある)。しかもそれをアボリジナルが全て作ったディジュリドゥだと公言しているショップさえある。

こういった状況で本当にアボリジナルの職人によって作られた楽器を選び出すことは非常に難しいだろう。だがDjalu Gurruwiwiなど一部の著名なイダキ職人の楽器が日本とほぼ同じような高値(AU$800~AU$1800 : 2004年9月現在)で販売されているという例外をのぞけば、より伝統的なアボリジナルのディジュリドゥはダーウィンのディジュリドゥ市場では安いプライスタグをつけられて埃をかぶっている事が多い。

今回はダーウィンのディジュリドゥ・ショップの倉庫などを訪れて、埋もれた貴重な楽器を探し出そうと思います。
[PR]
by earth-tube | 2004-09-22 18:15 | Darwin
<< 出会ったディジュリドゥ1 アーネム・ランドへの出発の準備 >>