おすすめイダキ!
今回なんといってもおすすめはBruceことBurrngupurrngu Wunungmurraのイダキだ。というのも、ここ最近にYirrkalaからかなり離れた所にあるアウトステーションGurrumurruからアートセンターに持って来た30本以上のイダキの中から選りすぐりの4本だからだ!

今までこれほどの本数のBruceのイダキを目の前にしたことはない。どれもヨォルングの日常生活の中で、もしくは一般的な葬式の儀礼などの時に演奏される楽器に必要な要素を十二分に感じさせるリズミックでスピーディーな楽器です(写真はBW-0602)。

こういった楽器の事をMilkayはギターにちなんで「リード・イダキ」もしくは「リズム・イダキ」と呼んでいるらしい。猛烈にありきたりだが、それだけに的を得た表現に納得する。


Burrngupurrngu Wunungmurra作のイダキ
b0021108_1329645.jpg

BW-0601
F/G
長さ:143cm
マウス:3.2cm ボトム:10.5-12.5cm 価格未定

BW-0602
F++/F#++
長さ:139cm マウス:3cm ボトム:8.5-8.8cm 価格未定

BW-0603
E+/F+
長さ:146.8cm マウス:3.2-3.5cm ボトム:8.2-8.5cm 価格未定

BW-0604
F-/F#-
長さ:139.8cm マウス:3-3.2cm ボトム:7-8.7cm 価格未定

b0021108_18344826.jpg

他にも、ディンカム・オージー倶楽部の「Djalu Gurruwiwiイダキ展」の時に参考商品として置かれていたビッグ・イダキを思い起こさせる大きさの、Djaluのジャイアント・イダキ(以外に吹きやすい)。

割礼のセレモニーで使われたWarrlka Wunungmurra作のイダキはどれもかなりのクオリティの高さで、Earth Tubeのコレクション・ページで紹介されている儀式で使われたイダキと共通点が多く、ヨォルングのイダキの中にあるツボを明確に感じることができる。本気のYidakimirri(イダキ奏者)へ。

Warrlka Wunungmurra作のイダキ
b0021108_18312481.jpg

WW-0601
F/G 141.6cm 3.3cm 7-8.8cm 非売品
Rrawun MaymurruがDhapi(割礼の儀式)で使用。

WW-0602
E+/F+ 144.6cm 3.2-3.3cm 8.8cm 価格未定

WW-0603
F+/F#- 148.7cm 3-3.2cm 8-8.3cm 価格未定

子供が使いすぎて割れてしまったMarrikukuのイダキは、どうしてもイダキのこつがつかめない人におすすめ。小さいマウスピースで短く、素直に基本を学ぶことができる。

Marrikuku(Children used yidaki)
b0021108_18323614.jpg

E-/G+ 127.4cm 2.6-2.7cm 7.5cm 価格未定


選ぶのに贅沢な環境で今回はかなりラッキーだった。楽しくも、購入するのをやめるのが心苦しい楽器もあり、何度も吹き比べて良い楽器を厳選することができた。6月末から徐々にアップ予定です(写真は後日追加)。
[PR]
by earth-tube | 2006-05-24 13:31 | 新入荷 Didjeridu
<< Randy Gravesの仕事 待ってましたイダキ! >>