改良されたディジュリドゥ・ソフトケース
b0021108_11413146.jpg今回ディジュリドゥ・ソフトケースを作り直すにあたって、力がかかりやすい部分を補強する「力布」やステッチの方法、バックルメーカーについてなど、友人の佐藤さん(この道のプロ)に協力してもらって様々な改良点を加えた。前回からの大幅なバージョンアップで、作業工程もかなり増え、サイズの正確さにかなりルーズなこちらの工場も、なぜか社長のやる気によって管理体制が向上し、製品そのものはかなり良いものになった。コストは大幅にアップしましたが、お値段はそのままです。

1. ショルダー・ストラップ
僕自身自分の演奏の時にも使っていて、長時間持って移動する際に、やはり肩に対するフィット感が少なく、肩ですべって何度も背負い直すという事が多々あった。そして家に帰って服を脱いで肩を見れば、荷重がかかりすぎて赤くなっている事も少なくなかった。

b0021108_11454929.jpgそこで、まずは使用感を向上させるためにショルダー・ストラップを改良することにした。写真のように肩にあたる部分にはかなり厚めのやわらかいクッションをいれ、ケースのフィット感を増すために、体にケースをひきよせれるようにしました(ストラップで調整可能)。これでケースと体との間に隙間ができにくくなり、すべりにくくなりました。フリーサイズもS〜XLのものも全てこのストラップが採用されています。


2. ボトムとトップに使うクッション
今までのケースは上下にスポンジを2重にしてケースを地面に置いた時に、「コン!」とならないようにしていた。それでも置くときはある程度そーっとおかないといけなかった。不意にぶつけた時には少し気にやんだりすることもあった。

b0021108_11523254.jpgそこで、従来のスポンジの2倍以上の厚みのあるものを用意した(写真参照)。この厚みだと上から金槌でたたいても下にあたる事はない。この厚みと堅さを感じさせるほどの強い弾力性のスポンジをボトムに2重、トップに1重使いました。気軽にドンっと置いてもイダキが直接地面に触れることは絶対ありません。


3. バックルを変更
b0021108_11495581.jpg一番問題だった壊れやすいバックルを日本製のNifcoのものに変えました。特に荷重のほとんどがかかるであろうショルダー・ストラップには50-60kgの重量に対応しているバックルを使用しました。この部分の縫製方法にも工夫をこらし、この部分のサンプルは何度も作り直し、工場の人も「これは厚みがありすぎて縫えない」と言うのを何度もやりとりをして、結果的にいいものになった。

b0021108_11553341.jpgまたソフトケースに6箇所ついているケースを締め付ける小さなバックルもNifco製になっています(フリーサイズは従来通り)。バックパックにこのバックルを900個入れてかついだ時には、正直出発をとりやめたくなる重さだったが、できあがってみるとその苦労も吹き飛ぶほどいい仕上がりだった。



4. 力布と縫製の改良
b0021108_1157733.jpg重量のあるディジュリドゥをケースに入れて持ちあげる時、どうしても一箇所に荷重がかかりすぎて、布がやぶれたりすることがあった。それを改良するために、力がかかりやすい所には中に「力布」を入れ、縫製を2重にすることで製品の強度を上げました。写真は、取手部分。この下にも力布が入れてあります。

b0021108_1222963.jpgまた、最も重力がかかるであろう肩のストラップの縫製には最も注意をはらいました。力布をはさむのはもちろん、縫製に指示を細かく出し、この部分では様々な工夫がされています。この工場の社長はかなりこの部分を丁寧に作ってくれたので、自身満々にケースに片足をつっこんで「俺を持ち上げてみろ!」といい、持ち上げた後、「どうだ!この仕上がりは」と誇らしげな顔をしていた。いや、そこまでの荷重は考えてませんって.......。

残念ながら今回考えていたブラウンは今までの焦げ茶のような色合いの素材がなく、うすめの茶色しかなかったため、製作を見送った。汚れにくいという点でやはり黒が一番長く使える色だとは思う。販売は船便によるが、7月頃になるのかな。

このバージョンのソフトケースは、各サイズ数量が限定されています。実際にこのケースを自分で使ってみて、売れてなくなればまた次のバージョンへと試行錯誤をしたいと思う。ご要望などがございましたら、このブログにドンドン書き込んでください。

今回このバッグ製作にあたって、かなり細かいアドバイスをしてくれた佐藤さんに感謝!!!!!!!
[PR]
by earth-tube | 2006-05-29 12:10 | 店長の日記
<< グッバイ・ニッキー! ひとまず >>