出発はハプニングから
ひさびさのアーネム行き。いつものごとく出発当日に荷物のパッキング。Djalu'とファミリーへのおみやげと、女性陣へのたばこ(現地のヨォルングはWinfield Blueという銘柄しか吸わない!)を2カートン、録音機材とキャンプ道具をつめこんでいると急にめまいが.......。

おかしいなぁと額に手をやると少し熱い。はかってみると37.5度ある。すでに家を出る予定の時間の1時間前で、20kg以上あるバックパックをかつぎ駅へ向かった。

b0021108_16275115.jpg体調が悪い事を考え2時間半まえに空港に着くように余裕をもって家を出たのだが、JRの踏切がさがらなくなるという事件が発生し、熊取の駅で関空特急を待つこと1時間弱!バタバタしたままチェックインし、飛行機に乗ってしばらくすると猛烈な寒気が襲ってきた。

夏風邪でもひいたのかと思っていたが、のどは痛まないし、鼻水も出ない。ただ猛烈に熱があがってきたらしく、頭の上までスッポリと寝袋をかぶってもまだ寒い!

こ、これはヤバいかもと思い、機内で体温をはかるとなんと39度!!!

Goveにも病院はあるのだが、前回の事故でノーザン・テリトリー州の病院のずさんさにげんなりしていたので、ケアンズについてすぐ24時間対応の病院にかけこんだ。
[PR]
by earth-tube | 2007-10-05 14:18 | 店長の日記
<< フラフラのケアンズ Nicky Jorrokへ、哀... >>