Djalu' Gurruwiwiのイダキ・カッティング
昼の1時〜夜の8時頃まで続いたBunggul(儀礼)の音が、朝起きても頭で鳴り響いている。昨夜のRirratjinguクランのManikay(唄)の伴奏をしていたイダキ奏者は、CD「Gobulu」などで知られるYothu Yindiに所属するMalngay Yunupinguだった。

儀式の場でイダキを演奏する人たちにはどこか共通している所がある。音量がそんなにでかくない。脱力して演奏している。頬や喉がだるだるでリラックスしている。などなど。そりゃ7-8時間に及ぶ儀礼の場で連日イダキを演奏すれば誰でもそういう感じになるかもなぁと毎回思うのだが、あの境地にはなかなかたどり着けない。

b0021108_13174550.jpgこの日の午後、かなり日差しがきつい中、Djalu'・Dhopiya・Winiwiniらでもっともお手軽なブッシュRainbow Cliffにイダキ・カッティングに出かけた。4月7日の段階では、週一回ほどの周期でザァーッと激しい雨が断続的に降るちょうど雨期の終わりギリギリという感じだった。ブッシュの中は植物達が力強く、乾期は全体的にグレーという色合いなのだが、新緑の黄緑色にあふれていた。

いつも最初のイダキ・カッティングはDjalu'につきあって、彼の体調や彼自身に触れる。なぜか何もないブッシュの中では、人間そのものをすごく感じやすい。Djalu'のあとを歩いているだけなのにアニメのブタのようにドクドク汗をかく。彼の大きな背中を見ながら、すでに76才(パスポート上)のDjalu'よりも体力ないんじゃないかと思った。

すでに雨期は終わりに近づいているのか、空気だけはやけに乾燥していて唇がかわく。最後らへんはちょっと歩いては「Gapu ga(水をくれ)」といってそこらへんに座り込み、しばしぼんやりとブッシュの中を眺める。コーン、コーンと斧をふるう音が遠くから聞こえる。「ブルルルルー」突然Djalu'が音の鳴る方を見ながら言った。そして繰り返し「ブルルルルー」.....。

彼の方を見つめると、「イダキになってる木をたたくとこんな音がするんだ」と言う。斧の頭で木の幹をたたいてイダキかどうかを調べる時、彼はこんな音を聞いてるんだなぁと自分との聞こえ方の違いにびっくりしつつ、まるで精霊と語り合うかのようにイダキを見つけるイダキ・マスターの世界観に心動かされた。

この日はDjalu'はカットすることができず、最終的に嫁さんのDhopiyaが2本。息子のWiniwiniが4本カットしていた。7年前彼に会った時は精力に満ちあふれていたが、ここ最近はおじいちゃんらしくなってきたなぁと感じるようになってきた。けれど、よく考えると76才でブッシュの中を駆け回っている。それだけで奇跡的!
[PR]
by earth-tube | 2008-04-25 13:18 | 店長の日記
<< 帰国しました! いきなりはじまった葬儀 >>