「ほっ」と。キャンペーン
How to choose didjeridu - 彼らの感覚に寄りそう
ぼくたちがディジュリドゥを選ぶとき、音の質感・音量・演奏感・見た目・作者などさまざまな観点から「これはいい楽器だ」と判断して選んでいる。その「いい楽器」とは何なのか?その基準となるものや指標はなく、主観的で曖昧な感性で選んでいるのが普通なのかもしれない。

ではヨォルングはどうなのか?彼らの間では世代的な演奏傾向の違いや、楽器と触れ合うことで生まれる演奏者の成熟度の差はあるものの、どこか共通した価値観が存在し、それにプラスアルファ個々人の指向性があるように感じる。

とくに根拠があるわけではないが、儀式のあとに少しだけ使っていた楽器を鳴らさせてもらったり、個人所有の楽器を触らせてもらったりすると、なにかベースに共有するものがあるように感じられるのだ。また、Earth Tubeで集めてきた彼らが儀式で使った楽器、プライベートの楽器を鳴らしても、さまざまな傾向の中に包括的な指向性を感じる。

中には「コレかぁ〜」と頭を悩ませる難しいものがあったり、何も考えずともシンプルに「いいなぁ!」と感じるものもあってバリエーションはとっても豊か。パっと鳴らしてイイと感じる楽器がわかりやすいのだが、実は自分の演奏をドラスティックに変化させるきっかけになるのは頭に「???」が浮かぶ楽器であったり、なぜ彼らがその楽器を選んだのかスっと理解できない楽器だったりする。

もしかしたら、そういう楽器と触れ合ったときに自分が感じた違和感は、そのままヨォルングのディジュリドゥ奏者たちのリアルな演奏感との距離感と言ってもいいかもしれない。

その距離感を縮めていく行為は、彼らが共有していてぼくたちがいまだ感じえていないディジュリドゥの演奏感へと寄りそっていくことにつながるんじゃないだろうか。彼らが使った楽器を演奏していると、日本にいながらにして彼らの輪の中にある、そんな錯覚を覚えるのだ。
[PR]
# by earth-tube | 2014-05-30 19:14 | 店長の日記
貫通していないクラックの修理2
しっかりとした厚みがあって、表面上は割れているがクラックは貫通しておらず、テープでクラックをカバーして空気もれをふせいでも演奏感に変化はない。こういう場合はクラックの修理以上にメンテナンスが必要になってくる。
エポキシボンドによる補修
まずはクラックを完全に閉じる作業から。エポキシボンドを塗布して表面をなめらかにするためにヤスリとサンドペーパーで研磨しました。
木工用ボンド
その後、分厚めに木工用ボンドを塗ります。写真ではわかりにくいですが、最初にまずかなり薄い木工用ボンドを塗って乾燥させてからサンドペーパーをかけて毛羽立ちをとって、濃いめの木工用ボンドを塗っています。これはDjalu'の娘のLinaから教わった手法で、世界中からいろんな人がイダキ・マスターの元を訪れるせいか、ここにはMandapulに必要な木工技術が自然と集約してくるようだ。

その後、かなり薄く木工用ボンドをといた水を内側に注ぎこんで、ボソボソだった木に湿度をあたえます。乾燥後に、荏胡麻油を入れて全体をオイリングしてしあげました。

オイルを入れる前の演奏感は硬く響くイメージで、トゥーツがやや出しにくいという印象だったが、オイリング後はグッと押し込むことができて、トゥーツのキレがかなりよくなった。よりおおらかに演奏することができるようになったという印象。MP3にしてしまうとなかなか違いがわかりにくいが、オイリングのビフォーアフターを聞き比べてみてください。カサカサとした印象がなくなって、丸みを感じながらも高音のノビが出て、トゥーツのキレがよくなっています。

楽器のメンテナンスって大切だなぁと思う変化でした。オイリングはご希望の方はお気軽にお申し付けください。サイズやオイルの吸い込みにもよりますが、一回1500円〜で楽器によってはかなり演奏感が変わるのとクラックの防止になります。
[PR]
# by earth-tube | 2014-05-22 15:01 | ディジュリドゥの修理
貫通していないクラックの修理1
今回の修理はイダキ・マスターDjalu' Gurruwiwiの作品。製作行程をつぶさに見て、元の木の状態やどうやってシェイプされたか、どれくらいの厚みがあるのかを知っていたので割れてしまったのが少し意外だった。特別に硬質な木質ではないもののしっかりとつまった木質で元々クラックやホールの修理箇所もなく、均一に厚みをしっかり残してシェイプされていたからだ。
クラックの状況
演奏せずに2-3日放置するとクラックはもどるが演奏すると開いてくるとのこと。鳴らしてみるとクラックからの空気もれはないように感じるが、演奏感はややドライでタイトになっているという印象。
溝ほり
クラックにそって彫刻刀で溝を掘っていく。クラックの筋が見えなくなるまで削っても演奏感が変わらないことから貫通しているようではなさそうだ。
クラックのアップ
クラックの原因はエアコンの空気に触れ続けるなど乾燥した状況にあったか、瞬間的に強く吹き込んでいるかのように感じる。振動が原因ということも考えてマシーンサンディングはやめてヤスリで少しづつペイントをはがしていく。

削ってみると乾燥が進んでいるようだったので、マウスピースとボトムの内側に木工用ボンドを塗っておく。切ったばかりのユーカリの木はマウスピースとボトムから急激に乾燥するため、現地では持ち帰ってすぐに木工用ボンドを切り口に塗る。木は呼吸しているので、マウスとボトムにはしっかりとボンドが塗られていることは木質が安定するまではけっこう大事。

次にエポキシを塗ってリペイント。
[PR]
# by earth-tube | 2014-05-09 11:11 | ディジュリドゥの修理
60cm以上のクラックの修理 2
深めの溝が大きく開いたクラックだった今回の修理はエポキシボンドに木屑を混ぜることなくエポキシ単体で行います。薄い部分に振動が集中して割れたというケースではないのでクラック周辺部を分厚くする必要はないが、再発を防ぐために厚みを増すように少し盛り気味にする。
エポキシボンドの塗布
表面的に乾いていてもすぐに研磨しだすとエポキシの硬度が足りずに、ボロボロとくずれてしまうので乾燥に2−3日かける。その後グラインダーで表面を滑らかにして、サンドペーパーをかけて表面を整える。
エポキシボンドの研磨後
木工用ボンドを塗り、乾燥後に素地調整のためかるくサンドペーパーをかけて、リペイントしました。
リペイント1
表面上はクラック部分がほとんどわからない状態になっています。ペイントには現地で使われているアクリル絵の具Jo Sonja'sを使うので、色の差もほとんど出ません。
リペイント2
この楽器のようにシンプルなペイントの場合のレタッチはそれほど難しくなく、はじめての人でも同じアクリル絵の具を使えば簡単にできるでしょう。細いライン部分だけは専用の筆が必要で、西アーネム・ランドでは草の茎が使われ、北東アーネム・ランドでは髪の毛を使って自作される。

アース・チューブでは購入後1年間は無料で修理していますが、ディジュリドゥをメンテナンスしていくためにも自分でやってみるのも修理のスキルアップにおすすめですよ。
[PR]
# by earth-tube | 2014-05-08 16:15 | ディジュリドゥの修理
60cm以上のクラックの修理 1
今回の修理はDhapa GanambarrのMandapul。厚みがかなりあるので、強く吹き込んだことによって薄い部分が振動によって割れるという典型的なクラックのパターンではないようだ。

クラックは貫通しているものの外側からメキメキと引き裂くように割れている。強い直射日光に長く当たったとか、エアコンがかかった部屋で乾燥した外気に直接触れるなどの原因が考えられる。クラックの長さは60cmをこえていて、いままで修理した中でもかなり大掛かり。
クラックの状態
まずはクラックにそって彫刻刀でけずっていく。このときにはクラックの筋がなくなる深さまで削ることが重要で、もしクラックの溝が残ったままだとそこにエポキシが入っていきにくくなり、再度同じ所が割れる可能性が高まる。
彫刻刀でけずる
このクラックの場合、溝がかなり深くさらにクラックが上下にのびていく可能性があったので、アーネム・ランドで出会ったドイツ人に教えてもらった手法でクラック止めをしてからエポキシを塗ることにしました。小さいドリルでクラックの上下に穴を作ることでクラックを止めることができるという技術らしい(さすがマイスターの国ドイツ!)。
ドリル
エポキシボンドはクラックに対してクギを打つように頭の部分をかぶせるため、彫刻刀で削った周囲とクラックの溝をサンドペーパーで40番手→80番手→160番手と倍の細かさになるように表面をなめらかにして下地作りをします。↓下記画像ではクラックの溝がわからなくなるまで削りこまれている。
下地作り
このあとエポキシボンドをつける行程に入ります。
[PR]
# by earth-tube | 2014-04-28 19:41 | ディジュリドゥの修理
3/24(mon) Send off TIKINA
フライヤー
イダキ・コミュニケーション集団「Loop Roots」のメンバーのTIKINAくんが関西を離れることになり、送迎会もかねてライブをすることになりました。企画はずいぶん前から声をかけてくれていたShiva DidgeridooのShivaくんと、Loop Rootsです。

Loop Rootsは今までにやってきた曲を全部やろう!ということで全26曲を前半、後半に分けて演奏します。そしてディジュリドゥ奏者TIKINAくんのもう一つの顔ムビラ奏者として活動しているビラビラズが、ジンバブエの伝統曲をDAIGO & TIKINAで合奏します。

そして関西のそうそうたるディジュリドゥ奏者たちが1曲づつソロ演奏を送別のプレゼントとして演奏してくれます。Loop Rootsからは出口晴久、NoN、UGが、そして関西の重鎮Avalon Spiralの三上賢治(←スペシャルサンクス!)、一緒に企画をしてくれたShivaくんと虹の仏のリョウヤ菩薩、天人(あまんと)でディジュリドゥ教室をしているシュンくん、昨年の関西ディジュフェスタで行われたディジュバトルにて一位になったTatsuki Agena、ゲンキーズのiriyanと演奏スタイルや世代をこえたメンツが集結します。

チケットは当日のみの1,500円(1ドリンク付)。オープン18:30、スタート19:00で人数が多い場合は入場制限がかかる場合がございますのでお早めにどうぞ。Loop Rootsの演奏からスタートです。
[PR]
# by earth-tube | 2014-03-07 11:49 | 日本のDidj-Heads
半べそのジャパナ(夕焼け)
帰国は明日だがゴーヴからケアンズ行きの飛行機は朝8時半出発で国際線の乗り継ぎはスムーズというかギリギリなので、北東アーネム・ランドですごせるのは今日が最後。そして車で30分程度の道のりのアートセンターは16時に閉まるので最低でも15時にはすべてのマンダプル(イダキ)を車に積み込んで向かわなければいけない。

ラリーは今朝作ったマンダプルを裏庭ですごい勢いで鳴らしている。ドローンG・トゥーツもGなのにふくよかなディープなサウンドで、空洞はほぼナチュラル。電動工具で削りすぎたため極度に薄い場所があり、帰国後に修理をする必要があるが聞いていて気持ちのいいサウンド!

タイムリミットまであと1時間というところでゼルダに声をかける。

「ねーやん、あと1時間でアートセンターに行かなあかんねん。」

「あら、もうそんな時間?」

それでもあまり急ぐ様子もなく、クロスハッチがはみでて明確じゃなくなった太いラインを塗り直している。丁寧なお仕事! ただ、時間がね、ギリ!

エンジンをかけ、エアコンをつけて車内の空気をひやしてからマンダプルを積み込む。ジャル5本とラリー2本。そして最後のマンダプルはいまだペイント中。

クロスハッチが終わり、最後の縁取り作業。縁取りをしていくと、クロスハッチだけのばらけたような状態からすべての輪郭をえて急激に一つの形へと結実していく。この瞬間はどこか肉感的で快感的だなぁといつも思う。最後の一筆がビシっと決まる!ねーやんお疲れ!そしてありがとう!
Winiwini Gurruwiwi Mandapul painted by Zelda
絵具でぬれた楽器を日なたに出して急激に乾燥させる。時計の針は15時20分。ギリ!

イルカラまでの道のりには信号はないけれど60〜100kmまでの速度制限がある。しかもレンタカー屋のおやじの話によると結構な頻度で警察がスピードガンを持ってチェックしてるらしい。こんな僻地なのに!法定速度をミチミチに守りながら車内にはヨォルング・レディオ!(On SoundのイッペイくんがマスタリングしなおしたWandjuk Marikaのイダキ・ソロが聞けるそうだが、今回は当たらなかった)

アートセンター .......ギリギリセーフ!

アーネム・ランドにいるだけあってまわりはめちゃくちゃまったりした雰囲気なのに、都心のバイク便並みにオンタイム感のあるタイトさでアートセンターにすべりこむ自分がみょうに滑稽に感じ、やや脱力する。
Djapana - Sunset at Wallaby Beach
ジャルの家にもどって日本ぽいもので彼らが好きそうなものをということで、照り焼きチキンを大量に作る。ファミリーのみんな、ガーマ前の忙しい時にいっぱいマンダプル作ってくれてありがとう!食事を終えて夕焼けを見ながら怒濤の9日間に起った出来事が走馬灯のように頭を駆け抜けるのであった。臨死体験もしていないのに。
[PR]
# by earth-tube | 2013-08-23 13:35 | 店長の日記
ぜいたくな目覚めとギリギリ感
カコーン、カコーン。Dhit Dhit ! Dhitu-n!

ノミをハンマーで打つ音と、テストするように鳴らされるマンダプル(イダキ)の音で目が覚める。日本ですごしてると目覚まし時計や、まわりの騒音で目が覚めた時、眠りから引きはがされるように起きるっていう感じだけれど、マンダプル(イダキ)作りの音で目が覚めると楽しさが勝って起きるせいかすぐ頭がパキっと覚醒する感じがする。

裏庭に行ってみるとジャルとラリーが新たな楽器のノミ入れをしている。「どうだコレ?」と樹皮がついた丸太をラリーが差し出す。「いいね!」そこからおもむろにブッシュナイフでスパーン、スパーンと軽快に荒削りして、電動カンナでガンガン削っていく。電動工具を使うとつい削りすぎちゃうみたいで薄すぎる場所ができて穴が開いてしまった。ホールの修理をしてさらにハンドツールで仕上げていく。すごいスピードだ。

ジャルは淡々とチューニングから仕上げまでをハンドツールだけでやっている。ナイフの使い方がうまいので荒削りでほとんど余分な所を取り払っている。見た目はストっとした普通なシェイプだが鳴りが深く粘りがあるサウンドで、「コレはガーマ用に作ってるんだ」と言っていた。シンプルながら深みのある演奏感だ。

ゼルダは昨日ラリーが作ったマンダプルのクロスハッチを続けている。ジャルたちの作るマンダプルのペイントをする女性陣の中でもひときわ丁寧な仕事をするのがゼルダで、一旦ペイントしはじめると手間と時間をおしまない分、普段あまり積極的に楽器のペイントには参加しない。

ジャルが今朝作ったマンダプル、オールドファッションで粘りがあってディープな演奏感にすごくジャルらしいリアリティを感じたので、彼がガーマで使う用だということだがお願いしてゆずってもらうことに。その後、ドピアがいままで見た事のない細長いナニカを楽器の上に描いている。
Lambarr on Mandapul
「ラーンバルだよ。お前の子供の名前。マンダプルにする木より小さい植物でこんな形の葉っぱをしてる。」

「うちの子、前にバーワン(ブッシュ・ポテト)っていう名前もろてたよ。」

「二つ目の名前だよ。」

ぼく自身は北東アーネム・ランドに毎年行くようになって12年間で二つの名前をもらったけれど、うちの子1才半で二つ目かぁ。もしかしたら成長の過程によって名前をつけていくのかもしれないなとふと思った。ジャルも昔聞いた時、すごいいっぱい名前をもっていた。ちなみにジャルという名前は「ニワトリのケヅメ」という意味のマカッサンの言葉らしい(本人談)。雄のニワトリ同士が戦いあう時に使うケヅメっていうのは昔随分やんちゃだったという彼らしい雰囲気がする。

朝から濃厚な楽しい時間がすぎていく中、日はのぼり、軒下でもくもくとペイントするゼルダを見に行くと.......。いまだクロスハッチをしている。ペイントのおおまかな流れは下地→クロスハッチ→縁取りで、クロスハッチの部分が少ないと作業は楽になる。逆にこのラリーのマンダプル.......めちゃくちゃクロスハッチの部分多い!

タイムリミットはのこり3時間、間に合うのか!?
[PR]
# by earth-tube | 2013-08-23 12:36 | 店長の日記
Wititj Power !!!!!!! 2
もくもくとペイントを続けるドピアとセルマ。自分のプライベートの楽器のように連日鳴らしまくっていたラリーが最初に作ったマンダプル(イダキ)は、最初真ん中の部分だけを赤に塗られていたが、Wititj(オリーブ・パイソン)の写真を見せたあと「その上下も赤に塗っておくれ」とドピアに言われて全部を真っ赤に塗った。たいてい上下と真ん中の部分は違う色にして真ん中にジャルのクラン(氏族)であるGalpuの人々のトーテムが描かれるのだが、全部を一色で塗るのは珍しいなと思って見ていると......。
マンダプルにペイントするドピア
真ん中にWititjとスイレンを描いてそれ以外の所を細かいRarrk(クロスハッチ)の線で埋めつくしていった。ペイントする楽器が多くしかも時間が限られている時にこんな細かいペイントをするのは珍しい。ドピア入魂のアートとラリーのもっともとがった感覚を再現できる特別な演奏感とのマッチングにより、このイダキの特別さが一つの形になった!と完成した瞬間に衝撃が走った。

娘のセルマも元々塗っていた下地を変更して黒い絵具でなにやらグネグネした大きなヘビをジャルのマンダプルに描きはじめた。ヘビの背中にはポツポツと点々を打っていくので「これはDjaykung(ファイル・スネイク)?」と聞いたら「いや、これはWititjだよ。」と言っていた。ヘビ以外の場所はこれもクロスハッチが入ってすごく時間がかかっている。
Wititjを描くセルマ
そしてさっき「ペイントのヘルプお願い」と頼んでいた長女のゼルダがやってきて、ラリーが作った新しいマンダプルにペイントをしはじめた!「ヤッパ(ねーちゃん)ありがとう!」。駆け寄るとなぜか彼女も黒一色で塗りつぶし、上から下までのびる大きなヘビを描き出した。Wititjは稲妻のようなラインをまとっている。
稲妻を身にまとうWititj
完全に彼女たちの背中をWititjが押している!

裏庭ではジャルがもう1本新しいマンダプルを作りはじめた。

家のおもての軒先にできた日陰に大きなゴザをしいてめいめいに膝の上に楽器を置いて描いている。西日が日陰に差し込みはじめ、日が暮れはじめてもまだ彼女たちの集中力は途切れない。セルマはニッコリと笑って「太陽とおっかけっこしてるの、わたし」といいながら日が暮れるまでに今たずさわってる楽器のペイントを終えることを冗談ぽくしゃべっていた。

お腹が減っただろうとトマトベースのスープにパスタを入れて3人の前に持って来たが、皿には手もつけずひたすら描き続ける3人。

宣言したとおりセルマは日が落ちるまでに自分の仕事を終え、ドピアは途中で終わっているのが2本あったが「明日はやく起きてやるから大丈夫」と言い、暗くなってきて描くことができなくなって筆を置いた。ゼルダが描きはじめた超大作になりそうな予感たっぷりのラリーのマンダプルは下地のあとにクロスハッチがはじまった時点で終わる。ぱっと見た感じ、クロスハッチの部分があまりにも多すぎるような.......。

明日、アートセンターがしまるまでに持込まないと間に合わない。タイムリミットは明日の15時。製作途中の楽器を彼らに託して帰国したらその楽器は売っぱらってしまっていた、ということも過去にあったので、どうにか間に合ってくれたらなぁと思うのだった。そして、今日という一日はWititj Powerに突き動かされる彼らを目の当たりにして、ヨォルングの人たちの中にある本当の意味でのスピリチュアルな感覚に触れた一日だった。
[PR]
# by earth-tube | 2013-08-22 20:31 | 店長の日記
Wititj Power!!!!!!!
もどってくるとペイントは下塗り状態であまりはかどっておらず、ジャルの妻のドピアと娘のセルマはタバコをくゆらせながらすごくまったりとした雰囲気.......。
ペイント途中のマンダプル
ダーウィンで林くんに「ファミリーに見せてあげて」と頼まれていたWititj(オリーヴ・パイソン)の写真を長女のゼルダに見せると「オォ!大きいねコレは!ほかのファミリーにも見せてあげて」と言われて、結局家中の人に見せることに。自分たちのクラン(氏族 )のメイン・トーテムだけあって見るだけで、なにか感じ入るところがあるみたいだった。

「これはね。陸地のWititjだね。肌の表面が光ってるだろ?これジャリ(虹)だよ。肌に水分をふくんでいてWititjのとおったあとにはそれが残るんだ。陸地のWititjは大きくなるやつだね。ベイワラ(稲妻)だよ。」

「水辺のWititjはスイレンの下に隠れていたりする、小さいサイズのやつだよ。」

と、めいめいにWititjについて話をしてくれた。それから急にスイッチが入ったかのようにドピアとセルマはマンダプルにペイントをしはじめた。ゼルダに「お母さんのお手伝いでペイントしてあげてよ」と言うと「うんうん。わかったよ。」とすごくポジティブな表情。

ジャルもラリーもなぜか急に裏庭に行ってマンダプルを作りはじめた。Wititj効果か!?
Winiwiniのマンダプル作り
マンダプル作りの流れは、まず樹皮がついた丸太の状態からノミを入れてチューニングをする。このあとは樹皮を取除いて余分な厚みを削っていく。適度な厚みになったらサンドペーパーで表面を滑らかにする。最後に外側全体を木工用ボンドを塗る。ジャル・ファミリーのマンダプル作りではここまでの製過程が男たちの役割で、その上にアートを描くのは女性たちの仕事というの通例だ。

ジャルは2mくらいの一番長い丸太に取り組みはじめた。Bくらいの音程だったものを最終的に両手を目一杯広げた「Djalu'の大きさ(ジャルのちょうど口元の高さと同じ)」でカットしてドローンD・トゥーツEに仕上げられた。かなり厚みがある太い丸太から作られたので製作は大変そうだったが、自信作らしく「ホールもないし、ハードウッドだからこのマンダプルは30年、40年もつよ」と言っていた。シェイプも彼自身が行った気合い入魂な丁寧な仕上がり。

ジャルとラリーが削ったあとに出てくる木片がドンドン足もとに積み重なって行く。
マンダプルを削ったあとの木くず
この日ラリーは娘の誕生日なので早めに切り上げたものの、めずらしく連日の楽器作りに情熱を注ぎ、すばらしい楽器を作った。カット〜製作をすべてラリーが一人で行ったドローンF・トゥーツGでディープなサウンドでグルーブ感がすごい!その後、このイダキにとてつもないペイントがほどこされることになり、それが原因でのちにキワキワ感をたっぷり味わうことになるとはこの時は思いもしなかった.......。
[PR]
# by earth-tube | 2013-08-22 19:08 | 店長の日記