<   2004年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
許可がおりない!
以下は、僕が電話で話した内容で、脚色の無い限りなく「素」の情報です。

 Earth Tube : 「まだファックス届いてないよ。許可どうなってるの?」
 Northen Land Council : 「Raminginingに連絡はしてるのよ。返事が来なくて.......」

 ET : 「とりあえず、じゃぁRaminginingの問い合わせ先教えて。直接電話するんで。」
 NLC : 「XXXX-XXXX。」

NLCは一体どうなってるんや、仕事してるのか?といういら立ちをグッとこらえて、Raminginingに電話した。

 ET : 「もしもし、Ramingining Councilですか? こうこうこういう理由で許可を待ってるんですけど、NLCから連絡来てます?」
 Ramingining Council : 「いや、そんな連絡来てないし、ここカウンシルじゃないよ。ここはコミュニティのゴミの収集をしている事務所ですよ。」

 ET : 「あの~、NLCはそちらに許可申請のファックスを送ったっていってるんですけど」
 RC : 「いや、そんなもんは来てないねぇ。ていうか、俺らに許可出す権利ないよ。ゴミの収集をしてるって何回も言ってるじゃない。」

 ET : 「え? じゃぁ、許可の申請はどこに連絡とったらいいんすか?」
 RC : 「それはNLCでしょ!」

 ET : 「だから、NLCはそちらからの許可待ちなんですよ」
 RC : 「だから、俺ら許可とか出せないよ。」

 ET : 「ふぅ~、そしたらもう一回NLCに電話して、そちらのコミュニティに連絡とってもらいますわ。」
 RC : 「うん、そうしな」

おいおい。これはたらい回しってやつか?美しいまでにどこにどう突っ込んだらいいのかわからない。いら立ちを通り過ぎて、虚しさを感じながら再度NLCに電話する。

 ET : 「もしもしぃ~。もらった電話番号に電話したんですけど、彼等は許可の発行とかはしてないらしいです。ゴミの収集をしてるらしいです。担当の人の名前はXXXXでした。直接一回電話してくれません?」
 NLC : 「わかりましたー。」

しばらくして再度、RCに電話

 ET : 「もしもし、電話ありました?」
 RC : 「あぁ~、あのねファックスきてたみたいだわ。」
    
 ET : 「えっ?」
 RC : 「エルダーに知らせるボックスがあって、そこに入れてたわ。」

 ET : 「まじ! そ、そしたら、キョ、キョカはもらえるんすよね?」
 RC : 「いや、なくなってるから確実にエルダーは持っていってると思うけど。いつ返事もらえるかわからないよ。」

 ET : 「....... (で、どうしろと?)」
   「そしたら、ランドオーナーの電話番号教えてください。もう直接電話して聞いてみます。」
 RC : 「いや、ランドオーナーって何人もおるよ。全員に電話して許可とるつもり?」

 ET : 「わ、わかりました。とりあえずもう一回NLCに電話してみます。」
 RC : 「そうすれば」

目の前が真っ白になる。ハハハハハ。もうどうでもいいかという思いでNLCに電話。

 ET : 「こうこう、こう言うてはりましたぁ。どーしたらいいんすか?」
 NLC : 「Raminginingって今セレモニーをやってるのよ。ブラブラブラ、ブラブラブラ.......」

わけがわからなさすぎて、途中で英語が聞き取れなくなった(本当)。

このストーリーはかなり厳密なノン・フィクションです。実際の電話の回数はもっと多く、会話の内容は一部はしょっていますが、要約すればだいたいこんな感じです。この会話に費やされた時間は、待ち時間も入れて1時間くらいだったろうか。結局、Raminginingにはいけなかった。そして仕方ないのでCentral Arnhem Highwayを通って、Beswickに行こうかと思って確認の電話を入れた所、答えはNOだった。

道路の使用も許可がないと不可能だという事でした。そして僕たちは夕方のManingridaを後にして、もと来た道をOenpelli方面へとひきかえしたのだった。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-21 15:54 | 許可関係
北部アーネム・ランドへ
僕はNgukurrへむかう前にNLC(Northern Land Council)にOenpelli、Maningirida、Ramingining、そしてYirrkalaを訪れるための許可の申請を出していたが、車を失った僕らはレンタカーをしてアーネム・ランド北部のコミュニティを訪れることにした。

10日後に戻り、その後僕と長谷くんはアウトステーションに移ったMr. Yidakiman「Djalu' Gurruwiwi」に会いに飛行機でYirrkalaへ向かうことになります。これで今回のメインの予定は終了ですが、Belyuenコミュニティのディジュリドゥの名手Nicky Jorrockに会うためにその後の時間を費やそうと思っています。

僕と長谷くん、出口くん、そしてKatherineのディジュリドゥ・メーカーとして名高いBill Harneyの所でディジュリドゥ製作をしてCoco'sに帰って来たノンくんの4人でこりずに再度アーネム・ランドへ。今度はもちろん細心の注意を払って。また10日後にアップします。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:16 | Arnhem Land全般
Cocoのプライベート・コレクション
Coco's Backpackersの入り口にはコンテナをそのまま倉庫に利用したディジュリドゥの販売スペースがある。Katherineで最も著名なアーティストPaddy Fourdham(Rembaranga語グループ)のアートやMimiスピリットの彫刻などと一緒に所狭しとディジュリドゥが並べてある。その大半はCoco自身が作ったディジュリドゥに地元のアボリジナル・アーティストがペイントしたものである。

しかし、その中にまじって数本とてつもないディジュリドゥがこの宿の中に作られた小さなコンテナ倉庫に眠っている。それは2本のDavid B****iのMagoとPaddy FourdhamやDavidがセレモニーで使用したディジュリドゥなどCocoのプライベート・コレクションである。


Port Keatsの1993年作のディジュリドゥ
b0021108_17152372.jpg
製作者の名前Francis Mardiganと地名と製作年がマウスピースのすぐ下に手書きでサインしてある。近年のPort Keats(現Wedeyne)らしい鮮やかなペイントが特徴的。マウスピースのサイズは意外に小さく吹きやすいが、このエリア独特のWanggaらしい倍音の伸びは薄い気がする。この地域の最近の作品はもっと色鮮やかなペイントになってきているので、逆に落ち着きのある色合いにとどまっているこの作品は珍しいのかもしれない。

David B****iのMago
b0021108_12265053.jpg
b0021108_12273271.jpg
この2本のMago(ディジュリドゥ)に施されたRarrk(クロスハッチ)ペイントの線は非常に繊細でDavidらしい。サウンドは2本ともすばらしく、特に少しベルになった黒い方は吹きやすい。残念ながら吹き口とボトムをグラスファイバーでコーティングしてあるが、現在はすでに手にいれる事ができないDavidの楽器を見るだけではなく演奏することができる宿はオーストラリア中探してもCoco'sだけだろう。

セレモニアル・ディジュリドゥ
b0021108_1229764.jpg
2匹のレインボー・サーペントが描かれたCくらいのローキーのディジュリドゥ。状態は非常に悪くマウスピースとボトム周辺はあちこちにクラックがあり、グラスファイバーでかためてしまってあるのが残念だ。しかしこの楽器は何度もPaddy FourdhamやDavid B****iなどによってセレモニーで使われたといういわくつきの一本である。筆者も実際にこの両氏がこのディジュリドゥを演奏しているのを4年前に見た。


この他にも中央アーネム・ランドの著名なペインターでありリアル・ブッシュマンBilly Yarrawangaや、Paddy Fourdhamのペイントが施されたディジュリドゥもある。いずれもNot for Saleで、「このディジュリドゥはAU$15,000(約120万円)だよ」と笑顔で語るCoco氏の手元からこれらの楽器が離れることはないだろう。

僕にとってCoco's Backpackersは、Art Dealerとして長年Katherineで働いて来たCocoの昔話やアボリジナルのエルダー達との出来事など興味深い話を酒のつまみにしながら、俗世から取り残されたかのようにのんびりと過ごす事ができる安らぎの場所でもある。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:15 | Katherine
Katherineのディジュリドゥ・ショップ
Katherineはダーウィンから約300km南にある小規模の町でアボリジナルとノンアボリジナルが比較的ほどよいバランスで住んでいて、いざこざもあるがどちらかといえばのんびりとした雰囲気の田舎町である。ダーウィンと違って旅行者も少なく、エアーズロックがあるAlice Springにむかう中継点、もしくはアーネム・ランドに入る人達の拠点といった感がある。

b0021108_17132779.jpgKatherineには「Katherine Art Garalley」と「Mimi Art Garalley」というショップがあり、その他にはバックパッカーズ用の宿「Coco's Backpackers」でもディジュリドゥをおいている。この町のおもしろい所は電気屋やインターネット・カフェ、宿、ガソリンスタンドなど様々な所でもディジュリドゥを販売している所だ。

Oldman Djoliのディジュリドゥ
b0021108_17134823.jpg
今は亡きBeswickコミュニティの著名なシンガーDjoli L*****a製作のMago(この地域でディジュリドゥを指す言葉)。なんとAU$2,500(約20万円)という高値がつけれれており、約30年前の作品だそうだ。マウスピースは大きめでWild Honeyの黒いビーズワックスがつけられており、完全に硬化してしまっている。吹き口からボトムにかけてスラリとベルになっている。ボトム部分にはヤリを持った二人の人物が描かれている。

この超高級なディジュリドゥにはさすがに手が届かず、だまって見過ごしたがこういった古い楽器がなんてこともなく他の楽器に混ざっておいてあるあたりにこの町らしさを感じた。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:12 | Katherine
Coco'sにもどった!
朝8時にNgukurrからKatherineの病院まで車で僕らの荷物を運んでくれたアボリジナルの看護士とともに僕だけがCoco'sにもどり、テントをひろげて念願の睡眠をむさぼる。事故の苦しみが遠のくぐらいの病院の対応の悪さに不快感と不信感をいだかせる出来事だったと5人全員が振り返る。

昼過ぎに全員がCoco'sにもどり、今までではじめてCoco'sで部屋を借りてクーラーをがんがんにきかせて死んだように眠った。みんなの口から出るのは「奇跡やな」の一言だった。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:09 | Katherine
病院についてさらなる悲劇
ノーザン・テリトリー州政府のセスナはジャンボジェットよりもゆれずに安全にKatherineに到着し、あの拘束具はほんまになんやったんやという思いにかられる。病院までの救急車は飛行機がついてもまだ到着しておらず、電話をかけて20分後くらいにくる.......。なんだこの国?

b0021108_1794669.jpg僕は、病院につけば「まぁ~とりあえず精密検査してもらって、一安心できるなぁ」とばかり思っていたが、何故か到着後に治療室を通り抜けて待ち合い室に連れて行かれる。そこで待たされること2時間ばかり、時計の針は4時をまわっていた。問診と血圧だけで全くなにもされない。「あ!こういう時は多少大げさに言ってきっちり見てもらわんと」と背びれ尾びれをつけて事故状況とケガの状態を説明するが、すぐに待ち合い室にもどされる。

そういえば事故後眠っていない。まーとりあえず何かあっても看護婦がかけつけてくれるし、ガッツリ眠らせてもらおうと看護婦にベッドでねむらせてくれと頼むが「ベッドがない」の一点張り。待合室のイスはプラスチックの一人掛けでどうあっても横になってねむれない。鎮静剤を打たれたユージくんばりに看護婦に懇願すると、ギブス室のような所につれていかれ、「これが私にできる最高なのよ」と歯医者の治療台のようなものの上にシーツをポンっと置いて看護婦は去った。朝の6時をまわっていた.......
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:08 | Ngukurr
移送される5人
一時近くのRoper Barという場所で警察と看護婦が来るのを待つ。事故状況を説明し、けがの具合から出口くん、長谷くん、ユージくんの3人が先にNgukurrのクリニックにつれていかれることになった。この3人はNgukurrから飛行機でKatherineへ移送されるらしい。

僕と林くんはというとこの場に一晩泊まって、明日の朝に車に荷物を全てのせて一緒に帰るという事に......。って血圧をはかって、傷をみせただけやのにほんまにオッケーなんか?!精密検査する.......よね普通。

最終的には僕らも飛行機で移送されることになり、夜10時頃に車でNgukurrへむかった。こんな形でNgukurrにたどり着くとはなぁという複雑な思いの中、それでもアボリジナル・コミュニティにむかっているという興奮は隠しきれない二人が冷静にみれば滑稽なほどイダキ・バカである。

病院につくとユージだけがベットで眠っており、長谷くんと出口くんは先に飛行機にのせられていったらしい。2時間ほどNgukurrの町に滞在し、夜中に飛行場へ。飛行場へむかう段階になって急に僕以外の二人はタンカにギッチリと拘束され、特に首と頭は全く動かせない状態だった。

これが事故のケガよりも苦しいくらいつらいらしく、数分後にあばれだすユージ。「ド、ドクター?プ、プリィィィーズッ!!!」とじたばたしながら叫んで、なんとかほぼ拘束具に近いこの状態を解いてほしいと伝えるが、飛行機での移送の際のゆれがどーとかこーとかではずしてくれない。

別の車にのっていた林くんの所にいってみると同じように苦しんでいる。しかし、さっきまでほったらかしでなんの治療もされていない林くんが拘束されているのかわからない。医者に「もうはずしてやってくれ」と話にいってる隙に林くんはちゃっかり自分で勝手にはずして車から出て来てる。

b0021108_1784187.jpg依然必死の交渉を続けるユージ。黙らせるために鎮静剤を打つ看護婦。10分ほどさらにヒートアップしていく。最終的に猛獣をねむらせるかのように、どっかりとさらに鎮静剤を打たれ、「プリィ~ズ、プリィ......」とフェードアウトしていくユージの嘆願が、フェードインしてくる寝息に変わるのに20秒とかからなかった.......
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:04 | Ngukurr
遭難?レスキュー?
b0021108_12184930.jpg
人が通りかかることの少ないアーネム・ランドの道での事故。日陰のない乾季の乾燥した灼熱の真昼のブッシュ。「とりあえず食料と貴重品を確保してテントをたてて日陰を作ろう!」と事故直後なのに自分たちが生き残るためにすごく機敏にそしてポジティブに動く5人。

b0021108_12173946.jpg僕はなんとか荷物を持って車から離れるが、めまいと吐き気がひどくなり、目の前のものが写真のソラリゼーションのようになって全て緑色に見える!ふらふらっとなって足をつく。ヤ、ヤバイ!


b0021108_1218482.jpgそれでもみんなが動き回る姿にささえられて、あっちこっちに散らばった荷物を集め回り、テントをたてる。風が強くテントが吹き飛ばされそうなので飛び散ったイダキをあつめてテントに入れ、そのままテントに倒れ込んでしまった。一分ほど目をつぶるとめまいも楽になり、そうこうしているとすぐに車が通りがかったので、ふらふらと出口くんが呼びとめに行く。Ngukurrから警察と看護婦をつれてきてもらうことになった。


助かったという思いで皆の動きがぴったりと止まり、お互いの顔を見るとまるで戦争孤児のようだった。ふとわれにかえり、これは記録に残しとかなあかんという事で飛び散ったカバンの中からデジカメを探すが、案の定一部ボタンが壊れ、電池のふたが音も無くとれる。それでも渾身の思いでとったのがこの写真です。大破した車と散らばった荷物をバックにDjaluのイダキを吹くユージくん。
b0021108_1773331.jpg

この状態の中でポジティブに笑顔まで溢れ、はげましあうことができたこの5人に出会えた事、彼等のパワーに心から感動した。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 17:00 | Ngukurr
大破.......「生きてるか?」
運転席の僕は車の回転が止まり、地面を滑っていく間、顔面に土を猛烈にあびる。車が止まった時完全に逆さになった状態でしばらく失神していたらしい。外から「大丈夫?生きてる?」というユージくんの声でハッとし、運転席側のドアから出ようとするが全く動かない。そこで窓から出ようとするが窓が通常の半分の高さしかない!

半分開いていたので、窓をおろそうとして取手をもつとポロリと落ちる。一瞬頭がクラりとするが、身をひるがえして後部座席にすべりこみ、ユージくんが脱出した側に光が見え、その窓から外にでた。後部座席にいた林くんは先に出ていて、僕につづいて助手席にいた長谷くんが同じ所から出てくる。

後部座席の反対側に回ると出口くんが脱出しようとして窓の所に上半身を出したまま身動きがとれなくなっているではないか!自分自身もうろうとした意識の中で林くんと二人で出口くんの両腕をひっぱって、ひっかかっているTシャツをビリビリとやぶきながら、窓から引きずり出す。

全員の顔を見渡す.......生きてる!鼻血を出し、顔中に土ぼこりをかぶっている。「生きててよかったな。奇跡やな。」と誰ともなく皆がつぶやいた。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 16:59 | Ngukurr
Ngukurrへ、そして.......
b0021108_1659039.jpg乾季の終わりのアーネム・ランド南部を走る。空気がカラカラに乾燥していて、鼻の奥までカラリとしているよう。後部座席ではペットボトルの水を窓の外にピッピッと出し、それが時速120kmの風で霧散し、冷却されて車の窓から車内に戻ってくるのを林くんとユージくんがギャーギャーいいながら楽しんでいる。

Matarankaをこえるといつのまにか舗装道路はなくなり、でこぼこに削ったコロゲーション・ロードと呼ばれる土の道になっていた。砂煙をあげながら高速でこの舗装されていない道を走り抜けていく。低速で走るとガタンガタンとなりとてもじゃないが長時間座っていれない感じだが、時速60kmを超えたあたりから振動がなくなってくる。これはデコボコ面との接地面が少なくなるからだろう。

途中、日焼けし、やせてしわが深く刻まれた白髪のおじいちゃんにあった。ちょうど僕らの車が停車している彼の工事用の車の横を通るときに、ふと手を上げながら車から出て来たので何かあったのかとバックして話をしたのだった。「このむこうにキャラバン・パークを作るんじゃ」とだけいい後はモゴモゴとわけのわからない事を言っている。単に不思議なジーさんやなぁという思いだけが残り、先を急ぐ。

Hell's Gate Creekという不気味な小川をこえ、ひたすら直進だけのまっすぐな道を走っていると急にハンドルがとられ、車がスーッと右方向に曲がっていく。アクセルを離して、エンブレにまかせるが、車はボッコリと土が盛り上げられた道の端に向かっていくのをやめない!この土手のような土の盛り上がりにぶつかればヤバいと思った僕はハンドルをきる。絶叫とともに車は宙を舞い、2~3回転し逆さになったまま地面を滑って止まった.......この間2~3秒のできごとだった。
[PR]
by earth-tube | 2004-10-03 16:57 | Ngukurr