「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
11/20(sat) 追手門学院大学にて無料のライヴ
追手門学院大学にてLoop Rootsの企画で無料イベントがあります。当日はOn SoundのiPPEiによる4本のスピーカーを使ったサラウンド・ミックスにてお届けします。

1. オーストラリアのアボリジナル居住地より中継
林 靖典 in アーネム・ランドオーストラリア在住のアボリジナル言語の研究者「林 靖典」によるアレンジにより、一般の人が立ち入ることができないアボリジナル居住地より映像をつないで生中継します。

ヨォルング語の一つDhuwalaを流暢に話す林 靖典だからできるヨォルングの人たちとインターネットを通じた触れ合い。


2. Loop Roots

関西在住のディジュリドゥ奏者たちによるグループ。メンバーは全員、オーストラリアのアボリジナル居住地「アーネム・ランド」を直接訪れて、先住民アボリジナルの伝統楽器ディジュリドゥの演奏スタイルを現地のマスターに師事している。

日本でアボリジナルの伝統曲を唄う数少ないグループによる、文化と生活に密着したアボリジナルの伝統音楽をベースにした演奏をお送りいたします。


3. 矢中鷹光 & HIDE190C.T.M.
矢中鷹光は神秘的かつ原初的な「声によるフルート唱法」や、12弦楽器「リラ」を独自に開発し、4オクターブ近い声域での驚異的なボイス・パフォーマンスを国内外で行っている。HIDE190C.T.M.は、20年以上前から現地オーストラリアに足を運び、ディジュリドゥの伝統奏法を学び続けて来た日本におけるディジュリドゥの草分け的重鎮。

身長190cmから轟くその呪術的なほどすさまじいディジュリドゥの倍音と、矢中の人の声とは思えない神秘的で原初的なフルート唱法による即興演奏。


4. Eurasian Rung
世界各国の民族楽器を操る3人のミュージシャンによる即興アコースティック・ジャム・バンド。「大地・空間・人」いまそこにあるエネルギーが混ざり合い高め合って生まれでるかれらの音楽は、寄り添うようで、大地をふるわすようで、やさしく力強い!

ディジュリドゥ、ギター、パーカションが織りなす音たちが、Eurasian Rungの手の中で遊び・舞う。


お問い合わせ先と地図
問い合わせ:追手門学院大学 国際交流教育センター
      072-641-9631
PDFでフライヤーを見る

地図はコチラ

[PR]
by earth-tube | 2010-10-16 19:44 | ライブ・ワークショップ情報