「ほっ」と。キャンペーン
楽譜とディジュリドゥ
最近、「ディジュリドゥを楽譜にする」ということでいろんな人から相談を受けた。今までにディジュリドゥの演奏が楽譜にされた事があるのか?また、そこから発展して楽譜にのっとった演奏が今までにされた事があるのか?

いろいろややこしいので僕の知ってる範囲でまとめてみることにした。

まず、「ディジュリドゥの演奏と楽譜」に関しては主に50~60年代に様々な民族学者・音楽学者たちの手によってなされてきたみたいです。数多くのフィールド録音を残したAlice M. Moyleや、自身もディジュリドゥを演奏する音楽学者「Trevor A. Jones」らによるものが現在でも残っています。 

ミュージシャンが自身の曲を作って発表するようなものではなく、伝統的なアボリジナルの音楽を調査・研究する中でかれらの音楽を譜面化していったようです。中でもTrevor A. Jonesは異色で、自身も伝統的なディジュリドゥの演奏方法にトライし、そのサウンド、リズムまでかなりの所までつめよっている!

音源として現在では入手困難になっている「The Art of the Didjeridu」というレコードが60年代に発売されており、なんとA面にはJones博士自身が様々な地域の伝統的なディジュリドゥの演奏をしている。そしてB面には彼がフィールド録音したアボリジナルの唄と踊り、ディジュリドゥソロなどが録音されている!

こういったものが発売される以前にそのリサーチは進められていて、論文などの形で発表されているだろうから、ディジュリドゥの譜面化が世界ではじめておこなわれたのはおそらく50年頃じゃないだろうか?

The Art of the Didjeridu
Artist/Collecter: Trevor A. Jones(Recorder)
Media Type: LP
Area: 西・中央・北東アーネ・ムランド
Recorded Year: 1960年
Label: Wattle Recordings
廃盤

>>詳細を見る
ディジュリドゥ研究のオリジネーター的存在Trevor Jones博士による演奏に加えて、アボリジナルの秘密の儀式の抜粋などを含んだ「開眼の一枚」。




「楽譜にのっとったディジュリドゥの演奏」については実はすごくあいまいだ。ディジュリドゥの演奏を西洋音楽に取り込んで演奏されたという例なら、1971年に録音された「Adelaide Wind Quintet with George Winunguj」というLPがある。

現代音楽を演奏するクインテット(四重奏)に、アボリジナルのディジュリドゥ奏者George Winungujが加わるという形で演奏されたこのレコード。はたしてGeorgeに譜面を渡して「これでよろしく」なんて言って演奏されたとは思えない。録音をきいた感じ、ほとんど即興演奏的なものじゃないかなと思う。

Adelaide Wind Quintet with George Winunguj(Didjeridu)
Media Type: LP
Area:Goulburn Islands(北西アーネム・ランド)
Recorded Year:1971年
Label: EMI
廃盤

>>詳細を見る
現代音楽の中に西部アーネム・ランドのアボリジナルのディジュリドゥ奏者を入れて演奏するという初の試みを収録した記録的価値の高い作品。前衛的なアプローチで挑んだ意欲作。




その後もおそらく自身のディジュリドゥの演奏を楽譜に置き換えて作曲し、それを演奏するということは世界中のディジュリドゥ奏者の中でためされてきたことと思う。そのため、「楽譜にのっとったディジュリドゥの演奏」という点では不確かなことしか言えないのが現状だ。

先日、ある音楽学者さんと話をする機会があった。西洋音楽的な観点で「作曲とは旋律をともなうもの」らしく、そういう見方で見るとディジュリドゥソロというのは作曲にならんらしい!(衝撃的)

西洋音楽的な作曲の観点からすると、「ディジュリドゥは効果音、もしくは太鼓のようなリズム楽器」という考え方があたりまえだそうな!(さらに衝撃的)

「じゃ、じゃ、ジョン・ケージの『4分33秒(ピアノの前で無音ですごす、音楽=音を鳴らすという常識をくつがえす歴史的作曲)』はどうなるの?」ってきいたら、「それは芸術としてとらえられている」とのこと.......。

世界ではぼくらが考えている「作曲」とはまた違った観点で「作曲」をとらえているんやなぁ!と猛烈に驚いた!! これは出会いなので、ぜひ音楽学者の先生にいろいろ聞いて勉強したいなと思った出来事でした。
[PR]
# by earth-tube | 2009-11-06 20:53 | 店長の日記
ヨォルングのプライベートイダキ「UY-0801」の修理 3
まずはアーネム・ランドから持ち帰ったイダキの切れ端をけずって、ライトブラウン、ブラウン、レッド、ダークレッドの4種類の木屑を作る。この作業がやけに大変で、グラインダーで削ると飛び散って集めるのが大変なので、ヤスリで手作業で削っていく。

おおまかに白太と赤身にわかれているが、その中でも色の濃淡によって4種類の色見のパウダーを作った。

まずは付着面にエポキシボンドだけを軽くぬって、食いつきをよくした所にパウダーを混ぜたエポキシを盛っていく。この作業が一番大変で、やわらかく流動性のあるエポキシボンドを成形するのがすごく難しい。特に、ホールの修理の場合はイダキの中にエポキシが流れこまないように細心の注意をはらいながらの作業になる。

また速乾性のものだと木への食い込みが弱く、木の伸縮にたえる硬度ではないため、コニシボンドの開発の人と相談してイダキにベストなエポキシを使用。加工するのに必要な状態になるまで乾燥するには時間がかかるが、これが今の所一番しっくりきている。

上の写真は乾燥した状態。どうしても気泡が入ったり、ある程度の塗りムラができてしまうが、再度上から塗り直してから最終的に仕上げに入る。あとは余分な所をヤスリで削って、サンドペーパーでまわりとなじませて、仕上げるだけ!
[PR]
# by earth-tube | 2009-11-06 14:09 | ディジュリドゥの修理
凄腕ディジュリドゥ奏者が集まる年一度の満月祭
天然肉体詩人 藤條虫丸プロデュース
『えにし庵・感月祭2009』 11月3日(火・祝日/満月)


ー音に酔い 舞に酔い 時に酔い 空に酔う

 えにしの庵で日がな一日 ARTの宴ー


ぼくの友人の3人のディジュリドゥ奏者が出演するイベントが11/3にあります。富山県からHIDE190C.T.M.、大阪で古くからディジュリドゥを演奏されている三上さんのバンドAvalon Spiral、飛騨のディジュリドゥ宇宙人Yossieが在籍するビッグバンド生活サーカス。

日本でも有数のディジュリドゥ奏者が舞踏家とセッションしたり、自身のバンドを率いてライブをしたりと濃ぃぃぃぃい内容なのに、その空間と雰囲気はマッタリとした心地いいんです。

ぼくも何度か足を運んだんですが、四条畷の住宅街の中にひっそりとたたずむ「えにし庵」の敷地内にはいると、急に山奥の山小屋に来たんじゃないかと錯覚するほどこの日一日別世界へトリップできます!

はじめてだとアクセスがほんとややこしいので、Google Mapで検索してから行ってくださいね。


<日 時>
一日    Adv : 4,000yen / Door : 4,500yen
18時以降 Adv : 3,000yen / Door : 4,000yen
 
開場:14:00 開宴:14:30

<音楽家>
HIDE190C.T.M.(Yidaki Japan)、Avalon Spiral Band、せいかつサーカス、福本卓道(尺八)、南澤靖浩(シタール)、出口煌玲(龍笛・篠笛)、Sarah(タンプーラ他)、Aki-ra Sunrise(水的打楽器)、ノブトウマサザネ(パーカッション)、ぺ・スーヨン(唄)、佐野眞紀子(唄)、MAYA(唄)、など

<舞踏家>
藤條虫丸、橡川キョウ、坊内由香、平松麻衣、鳴海姫子、姫ひょっとこ、たいち利枝、望月幸海、金亀伊織、牧桃子、高谷美也子蝶々、MAYA、デカルコ・マリィ、佐野眞紀子、神原くみこ、など
       
<ワークショップ>
・椿庵のあんま教室
・藤條虫丸ワークショップ「天然肉体市民講座〜呼吸とリズムで動く」

<場 所>
四条畷・えにし庵
大阪府四條畷市南野2-6-3

<ご予約・お問い合わせ>
090-4474-3791(虫丸事務所)
090-4766-7892(金亀)
090-1898-9899(三上)
JCDN ダンスリザーブ  http://dance.jcdn.org/
藤條虫丸公式URL  http://www.notus.dti.ne.jp/~mushimal/

<イベント公式ウェブサイト>
http://www.hakutaku.com/art/mlc/
[PR]
# by earth-tube | 2009-11-01 14:42 | ライブ・ワークショップ情報
ヨォルングのプライベートイダキ「UY-0801」の修理 2
<イダキの素地調整>

テープをすべてはがし終えると、前回同様テープのねばねば部分がイダキに残った.......。これを特殊なオイルで落としていって、丁寧にシュガーバグの蜜蝋を取除く。すると、テープがあった所と、無地の木肌が直接空気にふれていた部分とに色の差があった。日焼けと木工用ボンドの塗膜に付着した汚れによるものだと思われる。

そこで、テープの粘着物がはりついている部分も含めて全体をカップワイヤーブラシを取付けたグラインダーで磨くことにした。すると一番低速で回しているにもかかわらず木工用ボンドが木屑とまざりあって固まってしまう現象がおきた(上の写真参照)。

しかたがないので、この木工用ボンドと木屑の固形物をヤスリを使って手作業で落としていく。余談だが、この固形物、グラインダーの回転で生まれる熱では溶けてやわらかくなってしまうが、常温ではカチカチでツメで押してもへこまないくらい硬い。木の膨張収縮がはげしく、木質に粘りがないものなどには、エポキシボンドでかっちりと固定するよりも、木工用ボンドに木屑をまぜてうめる方がベターなのかもしれないなぁと感じた。

そんな事を考えながら、テープの粘着物、木工用ボンドの固形物、そして汚れをすべて落とした素地調整が完成した。このままでは表面が荒い(上記写真)ので、サンドペーパーをかけてもともとの滑らかな表面にしあげていく。

次回はアーネム・ランドから持ち帰ったイダキの切れ端をけずって、何種類かの色見のユーカリの木屑を作って、色合わせをしながらエポキシボンドで補修する。
[PR]
# by earth-tube | 2009-10-31 18:37 | ディジュリドゥの修理
ヨォルングのプライベートイダキ「UY-0801」の修理 1
Yirrkalaでヨォルングたちが実際に使っていたイダキ「UY-0801」を購入希望のお客さんから、「イダキを修理してから出荷してください」と依頼を受け、このイダキの修理をスタート。

今回のイダキに巻かれているのは、なんと梱包の時に使われるような茶色のうすっぺらのテープと、包帯をとめたりする時に使われる紙製のテープ。どちらも素材が脆弱で、このテープを取除くには前回のGaypalwaniのイダキとはまた違った苦労をしそうな予感がしていた.......。

はがす作業をスタートしてみると、予想通りにボロボロとテープがくずれていっこうにテープがとれない。1cm単位でくずれるテープをはがすのにイライラしながらも、テープの下はどんなふうになっているのかドキドキしながら根気よくはがしていく。

下はこのイダキに巻かれていたテープの拡大写真。わかりやすくするために二枚の写真をはりあわせてあります。テープをはがす作業をしていると、いら立ちよりも、「よくこのテープを巻いたなぁ」とその場にあるものなら取りあえずオッケーなヨォルング方式に感心する。

すべてをはがしおえるとクラックとホールが出てきた。しかもそれぞれをシュガーバグの黒い蜜蝋でふさいである!ヨォルングが販売用にイダキを作る時には、ホールをダボ埋めするか、エポキシボンドでうめたあとにペイントをほどこす。

このイダキはノーペイントで蜜蝋でふさいだだけの処理しかされていない。つまり、一度アートセンターに売られたものをヨォルングが借りてきて私物化したものではなく、最初から自分たちで使うために作ったものだった!

ホールをエポキシボンドに木屑をまぜたもので埋め、クラックを補修したあとにどんなサウンドになるのか.......?猛烈に楽しみになってきた!
[PR]
# by earth-tube | 2009-10-31 17:41 | ディジュリドゥの修理
金沢でHide 190のディジュリドゥ講座がスタート!!
ぼくとHideさんとの出会いは2001年のGarma Festival直前までさかのぼる。その時、本当にアーネム・ランドの情報がなくてGarma Festivalも一般客が参加できるという話になった第3回目だったと思う。

ぼくはその前年にダーウィンで、ある白人のディジュリドゥ職人に知り合い、当時Yirrkalaに住んでいたその職人にDjalu'を紹介してもらうことになっていた。

そして、ダーウィンからゴーヴへ向かう飛行機でたまたまHideさんたちの一行と同じになったのだった。その時のメンバーはAvalon Spiralの三上さん、日本ディジュリドゥ協会のエージさん、イダキジャパンのHideさん、そして僕という今思えばなんともすごいメンツだった!

これを縁にウォークアバウトロッジという唯一のホテルに当時はまだあったドミトリーの部屋をこの4人で借りて、一緒にDjalu'ファミリーとの交流をしたのだった。

その時すでにかなりヨォルング的なサウンドを鳴らしきっていたHideさんに、なにか猛烈に感銘を受けた記憶がある。それは、今現地で若者たちが演奏するようなスタイルではなく、すごくDjalu'っぽい演奏スタイルなのだ。

そのころのDjalu'はちょうどファーストCDを取り終えた時期で、心気ともにすごく充実していた。裸足なのにブッシュを歩くスピードは靴をはいてるぼくらよりも早く、イダキのサウンドは強烈だった!当時のDjalu'の倍音をしっかりと浴びたHideさんの演奏には、Djalu'の演奏スタイルの遺伝子がしっかりと息づいていると思う。

当時はまだまだヨォルング的な演奏をするノン・アボリジナルのディジュリドゥ奏者はいてなくて、滞在時に現地の若い子がいる前でHideさんがイダキを演奏すると、かれらが一瞬ギョッとした表情をしていたのを思い出す。

そんなHideさんの本物の体験とサウンドに触れながらディジュリドゥを学ぶことができるワークショップが石川県の金沢でスタートします。なんとその料金は3ヶ月全6回のコースで9,450円!入会金はたった3,000円!

近隣の方々、他府県でもガス代使って参加する価値ありまっせ!

北國新聞文化センター
野々市スタジオ(担当:紺谷)

〒921-8815
石川郡野々市町本町5丁目4-10
tel:076-248-7331

お申し込みは直接文化センターへ。コチラ
[PR]
# by earth-tube | 2009-10-27 16:21 | ライブ・ワークショップ情報
Gaypalwani Gurruwiwiのプライベートイダキの修理 5
<木工用ボンドでコーティング>
木工用ボンドの吸い付きをよくするために、1回目と2回目の塗装は水を多めに混ぜて粘度を落としたものを塗っていく。3回目と4回目は粘度をあげたものを塗装し、塗膜をしっかりと作る。最後にボトムとマウスの内側にも塗って、寝かせて何度も回転させて一カ所に木工用ボンドがとどまらないようにして乾燥させた。
上の写真はコーティングを終えたイダキのアップ。クラックの補修部分は多少白っぽくなって見えるが、引いて見た感じは違和感がなく、手で触れてもどこが境目かわからないくらいしっかりとコーティングされています。

コーティングを終えた状態で演奏してみた。テープのそこかしこから空気もれしていた部分がしっかりとシールされて、安定した演奏感になっている!また低音と高音のトップがどっちものびていて、厚みのある倍音になった!やっぱもれてたなぁ。

Gaypalが自分でつけていたパテをとりのぞくとマウスピースがかなり大きくなったので、唇の当たりは前の方がタイトで鳴らしやすかった。これは後でシュガーバグの蜜蝋をつけることにする。

最終的にJo Sonja'sのアクリル絵の具の黒で全体を塗って、そのままではかさかさしていたので、軽くオイルを塗って落ち着かせました。

ここまで約1ヶ月かかったけど、満足のいく仕上がりになった。あと数回オイリングをして、フレッシュな演奏感をギリギリまで引き出したい。
[PR]
# by earth-tube | 2009-09-24 21:36 | ディジュリドゥの修理
Gaypalwani Gurruwiwiのプライベートイダキの修理 4
<エポキシボンドでの補修>
ユーカリの木も日本の木同様、樹皮をはいだあとに出てくる外側の白太(白身)と、芯材である赤太(赤身)の部分があって、色合いはかなり違う。それぞれの色合いに合わせるために、Djalu'のところからもってかえって来た「イダキの切れはし」をヤスリで削って砥の粉を作った。

それをエポキシボンドにまぜてホールやクラックを補修しました。また木をタップして薄いと判断した部分にはわれてなくても他の部分と厚みが均一になるようにエポキシボンドを盛りました。ボンドと木としっかりと食い込ませるために軟性で硬化時間の長めのものをあえて使っています。その場合、イダキへの塗り付けが難しく、液ダレもしやすいので、何度にもわけて修理することになる。

盛ったエポキシが乾燥したら、木の部分となじむようにヤスリを使って余分な部分を削り落とす。

下の写真は、修理箇所をヤスリで削ったあとに60番手と120番手のサンドペーパーをかけてラフに仕上げた表面の状態。写真中央部分の色の濃いところが、エポキシボンドとユーカリの木屑をまぜて補修した部分です。色合いは、もともとの木肌の赤太に合わせてあるのがわかる。
Gaypalwani Yidaki
ここまできたらほぼリペアーは終了。あとは塗装と仕上げのみ。ケアンズのバニングスという巨大ホームセンターまで炎天下の中わざわざ歩いて買いに行ったエクステリア用の木工用ボンドを使用する。北東アーネム・ランドのイダキ職人はほぼこれを使ってコーティングしていて、エクステリア用のは水に濡れても白くなりにくいのが特徴だ。
[PR]
# by earth-tube | 2009-09-24 21:16 | ディジュリドゥの修理
Gaypalwani Gurruwiwiのプライベートイダキの修理 3
<イダキのサンディング>
スクレイパーではがし、特殊なオイルで溶かしてはがしても、イダキの表面の凸凹の隙間にはまりこんだ粘着物はなかなか取れない。

これをはがしきってしまわないと細かいクラックの有無の確認ができないのと、最終的にコーティングする時に木部への密着度が弱まってしまう。

そこで、本来はマシーン類は使いたくないのだが、写真左の真鍮性のやわらかいカップブラシを可変グラインダーに取付けて一番低速でイダキをサンディングすることにした。

グラインダーをかける前の状態。ところどころに白い粘着物が残っているのがわかる。

グラインダーをかけた後の状態。付着物はきれいにとれた。ディスクでグラインダーをかけることを考えれば、イダキの木部が削られるのを最小限におさえれることができた。
すでに乾燥しきっていて木の収縮はある程度少なくなっていますが、このまま放置するとより乾燥が進むので、ここからは時間をあけずに一気に仕上げる。

まずは60番手、次に120番手でうっすらと全体的にサンドペーパーをかける。そしていよいよエポキシボンドで補修する。グラインダーは現地でも一部のクラフトマンたちには使われていて、取り扱いに注意が必要なマシーンの一つだ。

昔、Djalu'の息子Winiwiniがグラインダーを使用中に手をすべらせてイダキをおさえている手を怪我していた。自分で修理の際にグラインダーを使う場合は、革の手袋をはめるなど万全の防備をして下さいね。
[PR]
# by earth-tube | 2009-09-22 16:34 | ディジュリドゥの修理
Gaypalwani Gurruwiwiのプライベートイダキの修理 2
<白い粘着材の除去>
イダキに巻きつけられていたテープは、日本でいうところの布粘着テープ。丁寧にイダキからはがしていったが、テープは粘着材を厚く塗布したもので、どうやってもイダキに白い粘着材が残ってしまった。
イダキを傷つけないようにプラスチック製のスクレイパーで少しづつ白い粘着材をはがしていく作業にほぼ三日かかった。その後、木部に負荷をかけないように特殊なオイルで粘着材を溶かしながら拭き取っていく。すると、粘着材が埋まってわからなかったクラックや小さなホールの修理箇所が出てきた。(下の写真左上にクラックの筋があるのがわかる)
ホールにはパテやエポキシではなく、シリコンのようなやわらかい素材のものが入れられていて白い粘着材と色が同じなのではがしてみないとわからなかった。
そこで出てきたのがこのシリコンのかたまり。やわらかい素材なのでプレッシャーがかかってくると微妙に押されて、演奏上問題があったかもしれない。
今回この粘着物を除去するのにものすごく時間と手間がかかった。今ニュース番組でとりざたされている、ノリピー。彼女が保釈される時に各テレビ局のクルーたちは場所取りのためにアスファルトの上に直接ガムテープをはっていた。「これを誰かがはがすことになるんやろなぁ」想像すると、なんとも言えない気持ちになった。

お花見の場所取りでブルーシートを地面にガムテープ....絶対やめましょ、マジで。
[PR]
# by earth-tube | 2009-09-22 15:58 | ディジュリドゥの修理